2006年01月16日

たまには・・・

駄目レビューをしてみる。


PX200 1.jpg
SENNHEISER
 PX200
¥6800


年末年始のバイトのストレスから購入したアイテム。
まぁ、ポータブル用のヘッドフォンが断線したから必要だったんだけどね。

ドイツのメーカー。開放型ヘッドフォンの元祖らしい。

ヘッドフォンに限らないけど、何故か、最近は国産に手が伸びないぜ・・・。


デザインは黒色のほうが圧倒的にカッコイイんだけど、
俺の髪が真っ黒だから白色を選んでみた。

軽量なのが売り(ポータブル用と銘打ってある)で、偽り無く軽い。
反面、ちゃっちいw

KOSSのKSC75と対して変わらんだろぅ・・・ちゃっちさが。
まぁ、しかし、KSC75は作りが雑・・・こちらは耐久が無さそうということなんだけど。


PX200 2.jpg
ポータブル用ということで折りたためる。
お陰で、耐久力がた落ちですよ、とw

小さくなるのは、非常に便利なんだけど・・・壊しそうなんだよね。


後は・・・風に弱いw
風がアームに当たると結構五月蠅い。

ヘッドフォンサイズ自体が小さめ・・・。頭大きいと装着して痛くなるかも?
俺は、長時間着けると、痛くなる。

欠点はそんなとこかな。


コレは密閉型のヘッドフォンなんだけど、篭りはあまり感じられないかな。
比較対照が安物だから、当然なのかもしれないけどさw
ただ、開放→密閉でもそこまで違和感は感じなかったよ。

また、分解能も中々。
PX200で聞いて気づいた音もある。主に高音で。

少なくとも、俺の部屋にある音が鳴るものの中では一番。
・・・安物しかないってのがまる分かりだw

低音も鳴っているけど、外で聞くと騒音によって弱く感じてしまう。
割りあい満遍なく音は出てるけど、どちらかと言えば、中域〜高域のが得意・・・なのかな?


音量は元から大きめで、ポータブル用としては良いと思う。
無駄に音量大きくして音漏れしないでいいし。

値段がもう少し安ければ・・・とは思ってしまうけど、値段以上の働きはしている。
見た目も小さく、目立ち過ぎず、いい感じ。


ただ、慣らし運転は非常に重要かと。
最初は、左右のバランスがちょっとおかしかった。
直ったけど。


買いなアイテムだと言えるかな。
まぁ、ヘッドフォンに¥5000以上使うのって結構変な部類だから、
薦めても駄目だろうがwww



前回のが低音重視っていうのがあったけど、ヘッドフォンが変わると本当に音が変わる。
全然違う。
たまに違うものを使うと、新鮮味が薄れなくていいんじゃないだろうか。

音を楽しむなら、安くていいから(音があんまり変なのじゃ駄目だけど)、
毛色の違うヘッドフォンを所有してみてもいいかも。

幸せになれるかもしれないw
posted by keiso at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11798742

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。